森であそぼ

Playing in nature, playing with culture

ホロホロクッキー

 

昨日、日本語の幼稚園でご一緒したお友達のお母さんが、「お忙しいと思って差し入れを持ってきたんですよ」と手作りのクッキーを下さいました。ご自身も小さいお子さんがお二人もおられて大変なのに、手間ひまかけて作られたものを私たちに。。。とその想いがうれしくて、もっときちんとお礼を言いたかったのですが、ちょうどクラス入れ替えの時間でバタバタと別れてしまいました。

 

うちに帰って開けてみると、たくさんのかわいいホロホロクッキーが♪ この数週間、毎日の食事の用意に精一杯で、お菓子づくりまで手が回らなかったので、みんなから大歓声が上がりました。「ひとり みっつね」 と決めてお皿に分けて出し、目を輝かせながらスタンバイ。食べてみたら美味しくて、瞬く間に三つともなくなりました。クッキーが口の中でホロホロと溶けるとともに、心もホロホロと解けるおいしさ。ハービーに「もっと!」と言われる前に自分が欲しくなり、結局いただいた分、全部食べてしまいました。

 

いつもはハービーが欲しがると、自分の分でもやってしまうことが多いのですが、今回は譲れず皆で争奪戦。本当においしいものは我が子でも譲れないということが判明(笑)。ハービーのために自分の分を犠牲にして、なんて思っていましたが、実はそうでもなかった食いしんぼな親でした。

 

パパも帰ってきて久しぶりに3人そろってのお茶タイム。おいしいお菓子のおかげで、とびきりの笑顔が飛び交いました。講習会も残りあと一週間。がんばる元気をもらいました。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

思いやり

 

相変わらず時間に追われる毎日ですが、日頃から何かと親切なハービーの保育園の先生が、事情を知って週に何回か送り迎えを引き受けて下さったり、タクシーの運転手さんがサービスでちょっと長く走って下さったりなど、思わぬところから救いの手が差し伸べられ、息切れすることなくやっています(^^)。いろんな方の助けがあって成り立っている生活、自分ひとりでやっていけているわけではないと痛感するこのごろです。

 

そんな中、意外な思いやりを見せてくれたのがハービー。いつもより長く園にいなくてはならなかったり、帰っても遊んでくれるパパがいなかったり、お腹が空いているのに食事の用意ができていなかったりと、普段に比べて強いられる我慢も多く、先週はちょっと疲れ気味だったハービー。今朝も出かける直前までずっと私のひざの上に座っていて、寂しい思いをさせてしまっているかな、という感じを受けました。園で長くがんばっている分、家では多少甘えん坊になっても仕方ないかと思い、今日は夕食後の後片付けには目をつぶってハービーのやりたい遊びにお付き合い。「おかあさん、いそがしいのは あともう少しだから、それまでごめんね」と説明もしてみました。

 

その後、いつものようにお風呂に入り、タオルを体に巻きながら歯を磨いていたハービーが、突然タオルをはずし、まだぬれている私の腕を見ながら、「ぼくが おかあさんの うでを ふいてあげるよ」とタオルでシュッシュッと拭き始めました。片方が終わるともう片方も、両方終わると首も拭いて、「もう ぬれているところは ない?」と私のセリフの真似までして、まだ拭き足りなかったのか、ぬれていない髪までごしごしやってくれました(笑)。

 

今までは、いろんなことが出来るようになってきたのがうれしくて、「ぼく、こんなこともできるよ」と披露する形が多かったハービー。人の世話をすることなんて念頭になかったように見えましたが、いつの間にかこんな風に「ぼくがやってあげるね」と言えるようになってきたんだな、と、ほんの少しの成長がとてもうれしく感じられた一日の終わりでした。

 

園では友達とおもちゃの取り合いが絶えないらしいハービー(本人談^^;)。こんな感じで、お友達にもやさしくできるようになっていくといいな。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

ちょっとお休み

 

すっかりご無沙汰してしまいました。思いがけず、ブログを書けない理由が二つも三つも重なってしまい、今はちょっとお休み中です。

 

4月から、新しく日本語の幼稚園で教える役が回ってきました。それと平行して日本語の小学校の方でも一クラス受け持つことになり、もしかしたら週末の更新は難しいかな、とは思っていました。ところが、先週から、とある講習会へ参加しなければならないことになり、こちらの方はほとんど寝耳に水だったので、心の準備もないままあたふたしてしまいました。4週間の講習、というのは聞いていたのですが、まさかそれが月曜から金曜まで毎日、しかも9時から3時まで、とは思いもよらず。。。教室までが遠いので、朝7時に家を出て、帰ってくるのは5時前になります。重なる時は重なるもので、そういう時に限ってまた、パパが研修でしばらく留守。お義父さん、お義母さんはスウェーデンへ旅行中。誰の助けも望めません(涙)。

 

1週目は要領がつかめず、力が入ってしまいましたが、今週はもう少し楽にできました。それでもあと2週間、ブログに当てる時間がとれるかどうか分かりません。この2週間の間に起こった、書き記しておきたいうれしい出来事はいくつもあります。それぞれあせらないで丁寧に書きたいので、時間が出来てからまた少しずつ書いていきたいと思います。

 

ご訪問くださった方、いつも見ていただいてありがとうございます。しばらくお休みいたしますが、また来月には始めたいと思っています。その時にはまた来ていただけるとうれしいです。

 

お仕事もして、子育てもして、ブログも書いておられる方は、どうやって時間を作っておられるのかな~。

 

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

フログネル公園

 

おととい家族で行った公園の名はフログネル公園。彫刻家のグスタフ・ヴィーゲランド (Gustav Vigeland) が1921年から設計に着手し、20年もかけて完成させた、立派な公園です。写真のように、橋の欄干の上にも、噴水の周りにも裸体の彫刻がたくさん並んでいて、その数は約200点。彫られた人物の総数は600以上にものぼるそうです。一番奥に見える高い塔は、17メートルもあり、これにも121体の人間が絡み合うように彫られています。近くまで行かなかったので、写真には撮れませんでしたが、間近で見ると圧倒されます。公園内にあるこれらの彫刻も全てヴィーゲランド一人の手によるものです。

 

中でも有名なのが、「おこりんぼう」と呼ばれる赤ちゃんの像と:

 

 

「オスロの母子像」といわれるこの作品:

 

 

彫刻のテーマは共通して「人間と人生」。ハービーが生まれる前は、この二つの彫刻も「ふーん」と、特に何も思わずに素通りしていましたが、今見るとなんだか気持ちが伝わってくるような気が。私にはまだまだ訳の分からないような彫刻がたくさんありますが、このヴィーゲランドさんは、よほど色々な人生の局面を経験されてきた人なのでしょうか。老若男女、実にさまざまな表情や格好をしています。

 

彫刻はどうでもいいハービーのような人のために、公園の一角にはこんな遊び場もあります。

 

 

すべり台、登り棒、ブランコ、つり橋、砂場にはしご。何でもある遊具のお城です。ここに来ると2時間以上は遊ばないと気のすまないハービー。帰り際はなかなか説得が大変でした。

 

*****

 

今日はイースター休暇の最後の日。お友達のおうちに遊びに寄せてもらいました。大人6人に子供6人。ハービーよりも年上の子供が多く、あまり一緒に遊んでいないように見えましたが、帰ってきて寝る前に「あしたは ぼくの おうちにあそびにきてもらおうね」と言って寝ました。一人遊びばかりしてつまらなかったのかなと思いきや、意外に楽しかった様子。大人の目線では、はかり知れないものがあるようです。

 

もう少し人生の機微を勉強しなければ。。。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

鳥のおかげ

 

昨日ハービーがエサをやった鳥たちは、こんな面々。まずやって来たのは、おっとり、のんびりの灰色ガン 。 こんな目で懇願されるので、思わずエサを取り出してしまいます。ねだるのがとってもお上手(^^)。でも、この愛らしさに負けてせっかくエサをやっても、動きがゆっくりしているので、すぐにマガモに取られてしまいます。

 

 

こちらは結構勇気もあるようで、かなりの距離まで近づいてきてエサを取っていきます。でも、いくら勇気があって食いしんぼうといってもやっぱり鴨。カモメの強欲さにはかないません。しかも多勢に無勢なので、鴨やがちょうは出る幕なしです。

 

 

うはー、来た、来た。あまりの迫力に驚いて、「カメメ、カメメ」と舌足らずになっているハービー。眼光鋭く、にらみつけるように向かってくるので、大人でも怖いです。よく見ると、カモメにも色々種類の違うのがいます。この日は3種類ほど見分けられました。「帰ったら、写真を見ながら何というカモメか調べようね」とパパがハービーに言っています。本当はパパは知っているくせに(^^)。

 

鳥を追いかけて上や下をみているうちに、いつの間にか顔を上げて乗れるようになりました。

 

 

頭が暑くなったのと重いのとで、ヘルメットは取ってしまいました。本当はダメなんですけどね。。。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

クレソンとスケーター

 

今日は久々にいいお天気。休暇中の土曜日ですが、電車もバスも (2時間に一本ではありますが)運行しているようだし、お店もレジャー関連のところは開いているとのことだったので、みんなでオスロへ出かけました。行き先はオスロで最も大きい公園。思い切り飛んだり跳ねたり走ったりできます。公園のお向かいにあったスポーツ店で、ハービーに合ったキックスケーターを見つけ、それを試してみることに。ちょうど公園には、まっすぐ長くつづく並木道があって、練習にはもってこいです。

 

 

5日ほど前には全然興味を示さなかったハービーが、なぜか今日は熱心です。交通ルールには厳しいノルウェー、ヘルメットは必需品。なかなかうまく進んでいますが、初心者なので、下ばかり見て走ってます(^^)。前から人が来るとあぶない、あぶない。数百メートル進んだところで、もうお腹が空いてしまいました(=疲れてしまいました)。

 

ハービーが保育園でまいたクレソンが育って食べごろになったので、お弁当に入れて持ってきました。

 

 

卵の中にも刻んだクレソンがたくさん入っています。クレソンの香りがとてもよかったので、トマトとキュウリは別添えで。生の葉っぱは食べないハービーも、卵にまどわされて食べていました。味は貝割れ大根にそっくり。「ぼくの まいた はっぱ、たべようねー」と感慨深げです。きらいな野菜は自分で育てると、愛着が湧いて克服できるかもしれません。

 

落ち着いたらまた練習。まったく同じスケーターに乗っている男の子を何人も見かけました。相手の方も、「ほら、みてごらん。まーったく一緒」なんて言っています。みんな考えることは同じなのですね、きっと(^^)。

 

水辺では鴨やカモメにエサをやっている人がたくさんいます:

 

 

案の定、ハービーも「あそこにおりたい」と言ったので、仲間入りをしました。予備にとしのばせておいたビスケットはここでなくなることに。「とりにあげる えさ、ちょうだい」と言って、慎重にエサを投げるハービー。慎重すぎて鳥のいるところまで届きません。それでも、勇敢な鴨がツイーッと寄ってきて食べると「ぼくのあげた えさ たべた!」と小躍りして喜びました。「ぼくにもえさ、ちょうだいね」と、残り半分のビスケットはハービーのエサとなりました。

 

明日もまだまだ続きます。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

カールのおじさん

 

今日は庭仕事がしたかったパパにつきあって、ハービーも朝から庭仕事。寒いわりには日差しが強かったので、野球帽を被せたのですが、「おかあさんも帽子かぶって」と言うので、私の麦わら帽を出してきたら、そっちがかぶりたくなった彼。「おかあさんは これかぶってね」と野球帽を渡され、麦わらはとられてしまいました。本人は、「(魔女の宅急便の)キキのところにあそびにきた おねえさんみたいだねー」と、絵描きのお姉さんになりきっていましたが、こんな帽子をかぶって庭仕事をする姿はどこから見ても「カールのおじさん」。思わず、「それにつけても おやつはカール」と歌ってしまいましたが、あのCM、いまどきの人も知っているのかな。

 

木の上の巣箱をチェックしたり、そのまま他人の庭を通り抜けて砂場までいってショベルカーで工事をしたり、やることなすことカールのおじさん(^^):

 

 

このあと急に寒さが増し、外で遊びたくなくなったハービー。あとはおうちで遊びました。お昼ごはんにつくった巻き寿司を丸々一本ずつ食べたハービーとパパ。「晩御飯は軽くでいいよ」と言われたので喜んでいたら、夕方になって「おなかペコペコだよ」とハービー。パパも「そうだな。晩御飯、何にする?」って...軽く、って言ったからオープンサンドかおうどんか、と思ってましたが、どうやらそんな雰囲気でもない様子。ハービーはすでにおにぎりと焼きりんごを食べています。仕方がないので、ない知恵をしぼって、ひき肉とジャガイモでシェファーズ・パイと、あとはサラダを作ったら、あっという間に平らげたふたり。

 

夜寝る前にはまた何か食べたいといいだしたハービー。男性陣の「おなかいっぱい」は2時間ほどしかもたないようです。イースター休暇中はお店も閉まっています。買いだめしておいた食料、休み明けまでもつかしら?

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

ひいおばあちゃん

 

今日は、いつも通りののんびり休暇。家の近くで遊んだだけなので、いつもより何もなかった一日でした。念願のベルを三輪車につけてもらい、チリチリと鳴らしながらほこらしげに走るハービー。公園に行ったり、花屋さんをのぞいたり、近くにある日曜大工の道具を売っているお店で遊んだりしました。この日曜大工のお店、かなり大きいのですが、見本に展示されている電動草刈り機や、物置小屋、自宅用のブランコ、大きな湯船などがハービーの遊具になり、一度入るとハービーはなかなか帰りたがりません。他のお店に行く時は「○○にかいものにいこうよ」と言うのに、このお店だけは「○○にあそびにいこうよ」という言い方をするほどで、遊園地か何かだと思っているようです。

 

いつも通りのコースでしたが、今日はハービーにとって小さな喜びがいくつかありました。ひとつはトイレに失敗しなかったこと。今日は比較的寒くなかったので、パンツで外出できたのですが、タイミングが合って、最後までうまくいきました。なかなか自分からは言い出しませんが、聞いた時に行きたいと感じたら「いく」と言えるようにはなりました。もうひとつは、初めてパパとママがアイスクリームを買ってくれたこと。そろそろアイスクリームやチョコレートの何たるかが分かってきて、他の子供達が食べているのを見ては「ぼくたべてみたいなー」と訴え続けていたハービー。昨日も今日もアイスを食べている子供たちがいっぱいで、そっちの方をじっと見つめていました。自分で欲しがるようになるまでは与えないでおこうと思っていたのですが、そろそろ潮時なような気もして、「じゃあ、今日は食べてみようか」と言った時のハービーの顔。本当にうれしかったらしく、普段は猛スピードで食べるのに、ゆっくりゆっくり、なくならないように気をつけながら食べていました。

 

いつもと大きく違ったのは、帰りに花を摘んで帰ったこと。野にある花は野にあるままに、が好きなパパと私、いつもは「このままにしておいてあげようね」と言うことが多いのですが、今日は例外。ハービーの、日本のひいおばあちゃんにあげるのです。1月に帰国した時にひいおばあちゃんに会ったことは覚えているハービー。今日、ひいおばあちゃんは空の国へ旅立ったんだって。神様に会いにいって、お空の上では病気も治って元気に暮らしてるんだって。ハービーはなんとなく、そんな風に思っています。

 

ハービーの笑顔に何度となく救われた一日でした。

Leave a comment »

サーカス学校

 

今日はお義父さんとお義母さんが、遊びに来てくれました。ハンドルを持ちながら足で地面を蹴って進む、キックスケーターをハービーに買いましょうよ、と近くのおもちゃ屋さんへ連れて行ってもらうことになりました。着いてみると、なにやら子供相手に催し物をしている様子。張り紙を見ると、「サーカス学校」と書いてあります。何のことだかよく分かりませんが、楽しそう。すぐに始まるということだったので、しばらく一緒に見てみることにしました。ハービーは他の子に混じってしっかり座席に陣取り、見る気満々(^^)。

 

しばらくすると、お兄さんが出てきて、帽子を使ったり、ボールを使ったりして色々芸当を見せてくれます。芸だけでなく、おしゃべりもなかなかお上手。上の写真は、少し見にくいですが、腕に透明のボールを乗せてあれこれトリックを見せてくれています。ひとしきり芸が終わると、今度はいろんな遊具の使い方を教えてくれ、「じゃあ、好きなので遊んでいいよー」と、フリータイムになりました。お兄さんの面白い芸を見た後なので、子供達は自分もやってみたいと我先に好きな道具に群がります。ハービーはまだ小さすぎて、状況の判断がいまいち出来ていない様子。「好きなので遊んでいいんだって」と言ったら、やっとニッコリして棒のおもちゃを取りました。

 

これがなかなか技の要る遊具。手に持った2本の棒で、3本目の棒を転がしながら相手の棒に投げ、相手はそれを受けます。おばあちゃんに相手をしてもらいましたが、かなり難しかったようです。

 

 

そのあとは、ボールで遊んだり、つなわたりをしたり、まわりのお兄さんをみて同じことをしたがったりと大忙し。ハービーだけでなく、まわりの子供も、チャレンジしてみたいものがいっぱいあって、休む暇もありません。その間、お兄さんは親切に遊具の使い方を指導。初心者には手ほどきを、上手な子には応用を、どの子にもくまなく教えてくれます。なるほど、芸を見せてくれるだけでなく、こうやって教えてくれるから、サーカス学校、だったのですね(^^)。

 

結局、スケーターは、ハービーに合うサイズのものがなくて買えませんでしたが、お店で試運転させてもらっている間も、ハービーはあまり興味がない様子。まだ早いのかもしれません。それよりも、三輪車につけるベルの方にご執心で、そちらも探しましたが、売っていませんでした。お目当てのものは何も買えませんでしたが、ハービーはとても満足気。こちらの人は、子供を遊びに連れて行くとなるといつも外へ連れ出すので、このあたりにはいわゆる児童館のようなものがありません。座席に座って舞台を観るという経験もなかなかできるものではないので、今日のはなかなか貴重な体験。ミニシアターへ行ったような、お得な買い物デーとなりました。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

トトロの森

 

昨日は、早速朝からパパをおどろかそうと、ハービーと一緒に「パパの作ったビール、飲んでみたけど、おいしかったよー」と言ったら、「えー、まだまだ飲んだらダメだよ」と急いで起きてきたパパ。「エイプリルフールでーす!」と言ったら、あっさり「それは明日だよ」と言われ、こっちがバカをみた休暇はじめでした(^^)。天気はいいけど、北風が冷たかった昨日の天気。電車で少し足をのばして、農場まで行きました。

 

バスを降りて農場までの道は、自然保護区域にも指定されている手入れの行き届いた森。いつもと違う雰囲気に、ハービーはここにトトロがいると思ったのか、歩いている間じゅうずっとトトロに話しかけています。「トトロもはやく、こっちだよー、」「トトロもえだをもってー」「トトロもついてきてー」と、本人には見えているのか、メイちゃんの足取りまで真似をして歩いていました。「あるこう、あるこう」の歌まで歌って、BGMもしっかりと(^^)。

 

 

途中見つけた切り株にのって、「めいちゃんをさがしにいこうね」と言ったか言わないかのうちに、急に目をあげて、「あ、どうぶつ!」と言ったハービー。視線を追うと、鹿が2頭、至近距離からこちらを眺めていました。ハービーが「あいさつしにいく」と近寄っていったので、あっという間に逃げてしまいましたが、写真を撮れる距離だったなー。鹿はすぐ逃げるので、なかなか写真に撮れません。代わりに撮れたのはこちら:

 

 

農場にいたブタちゃんです。毛が長くてなかなかお茶目な女の子。ハービーは気に入って長いこと見ていました。カフェでランチを食べた後は、裏の海辺でひと遊び。今年初の海、日光が水面に反射してキラキラ、遠くには船も見えてきれいなのですが、いかんせん寒い。。。格好と景色とが、なんともチグハグです。水遊びの好きなハービーは、そんなことにはお構いなく、海と浜辺を行ったり来たり。長靴も持ってきたので、装備もバッチリです。

 

 

この2秒後に、ジャブジャブと水に入っていった上にそこで座ってしまい、体の中まで水が入ってビショビショになったハービー。あわててカフェまで戻って、お店のヒーターで服を乾かしましたが...半乾きで家に帰ることになりました。結局、全然準備バッチリじゃなかったこの日のお出かけ...着替えはいつも必要ですね。

 

*****

 

昨日はしゃいで、今日は家族全員すっかり脱力。いつも元気なハービーでさえ、なんだかダラダラ。ゆっくりと近くの公園で遊びました。エイプリルフールはフライングしてしまったためタイミングを失って、なし。と思っていたら、お義母さんから電話がかかってきて、「○○○番へ電話したら、もれなくガーデニングの道具が当たるんですってよ」とのこと。間に受けてパパに伝えたら、「典型的なうそ~」と一笑されてしまいました。気をつけているはずなのに、だまされるのはいつも私です。

 

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »