森であそぼ

Playing in nature, playing with culture

ともだち

painting together

 

今日は地元の幼稚園のお友達のところに遊びに行きました。実はノルウェーの幼稚園のお友達の家に寄せてもらったのは今日が初めて。気立ては優しいノルウェー人、知り合いになると色々と楽しいお付き合いが始まるのですが、内気なのか用心深いのか、最初の一歩を踏み出すまでにとっても時間がかかります。幼稚園に行くようになったらすぐに知り合いが増えるだろうとの期待はどこへやら、一年経っても二年経っても交流の広がる気配は見られず、半ばあきらめていた三年目にようやく実現したお呼ばれです。子供が仲良しというだけで、ほとんど見ず知らずの私たちを呼んで下さるなんて随分オープンなノルウェー人なんだなと思っていたら、オランダ人のご家族でした。なんだか納得(^^)。

 

「ご近所さん」と言っても歩いていくにはちょっと遠く、しかも今日は道が凍ってつるつるだったので、お友達のお父さんが送り迎えまでして下さいました。私たちも田舎に住んでいると思っていたのですが、そこはさらに奥まったところで、古い農家をそのまま使っているおうち。アンティークな雰囲気の部屋に男の子ばかり5人(内、赤ちゃん2人)集まりました。お友達が絵を描き始めたのに触発されて、自分もと筆をにぎるハービー。並んだ麻のエプロン姿が、何か職人さんのようにも見えます。

 

繊細な絵を丹念に描いている友達の横で、ハービーは相変わらず大胆でワイルドですが。。。

 

painting

 

出来上がった後に、「これ、きみへの てがみだからね!」と力強く言っていたハービーと、「わー、きれいだなあ。ありがとう。」と言ってくれたお友達。お友達からも手紙をもらって、うれしそうでした。このお友達、ハービーにとっては初めての幼稚園での「おともだち」なのですが、お友達にとってハービーも同じ存在なのだとか。お互いに初めて認識したお友達同士、家族ぐるみでお付き合いができたらいいな、と思っています。

 

こちらはパパコーナー。

 

fathers

 

ママ達よりずっと活躍の場が多かった、イクメンなパパ達でした(^^)。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

忘年会

full moon 2

 

いつもお世話になっているお友達のおうちの忘年会に寄せていただきました。みんな子供が小さいので、開始時間はランチタイム。それに合わせて午前中に家を出たら、それほど早朝というわけでもなかったのに、こんなに大きな満月が見えました。

 

おいしいお料理やデザートをいただいた上に、いろんなおもちゃを貸してもらい、ジンジャークッキーのおうちまで作らせてもらって大はしゃぎのハービー。クッキーのおうち、とってもかわいいのが出来たのですが...

 

ginger bread house

 

わんぱく男子の手にかかってこの通り。

 

train shed

 

壁をぶちこわして機関庫にしてました。せっかくのおうち、すみません(^^;)。

 

色々楽しませてもらって、帰り際になかなか踏ん切りがつかなかったハービー。最近、遊びに行くと帰りたがらないし、遊びに来てもらうと帰ってほしくない。いつまでも遊びたくて、寝るのもおしいようです。楽しいことがおしまいになるのは確かに淋しいんだけど...

 

明日の元気のためには、休むことも必要。 って言っても、なかなか分かってもらえないんだな。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

氷点下

icy lanterns

 

外はマイナス13度。昨日作ったのっぽさんはカチンカチンに固まって、しばらくの間は倒れそうにありません(^^)。気温が氷点下になったら楽しめるもうひとつの遊びが氷のランタン作り。作り方は、大きなバケツに水を入れ、その上に重石をのせた小さなバケツを浮かべて外に置いておくだけ、と簡単。出来上がったら中にろうそくを入れて灯します。玄関の前にいくつか並べておくと、お客様をお迎えするのに雰囲気が出ていい感じ。上に粉雪がふんわりつもると雪なのになぜか暖かさが加わります。

 

寒い日に外で遊んで家に入ると、あったかいお茶が欲しくなります。先日いただいたお義母さんお手製の julekake (クリスマスケーキ)という菓子パンをおやつに食べました。

 

julekake

 

少しスパイスの効いた普通のぶどうパン、という感じなのですが、これがノルウェーの「クリスマスケーキ。」 ドイツのシュトレーンやイタリアのパネトーネと似たような感じなのでしょうか。「クリスマスケーキを食べようね」と初めてこれを出された時は「へ?」と耳を疑いました(^^)。私の中では今でもクリスマスといえば苺のショートケーキ。あれがないとやっぱり淋しい気もします。でも、実はこちらのパンもほっこりと優しく滋味豊か。かなり大きなパンなのですが、一度にたくさん食べてしまいます。

 

今年のクリスマスの、パパとママへのハービーからのプレゼント。

 

Christmas present from H

 

幼稚園で作ってきた置き物です。包みを開けたときの誇らしそうな顔が忘れられません。テーブルの上に飾って、これを見ながら食べました。

外は寒くて暗いけど、中がホカホカというのもいいものです(^^)。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

ゆきだるま

out in the snow

 

クリスマスからお正月にかけての間は、もらったプレゼントをゆっくり、じっくり楽しみます。ハービーも毎日新しくもらったレゴに夢中。でも、いい雪がつもったこんな日は家の中にばかりいたのではもったいない。外で遊ぶ子供の姿もよく見かけます。この日、ハービーがシャベルを持って懸命に作ったのは...

 

snowman

 

とっても高い雪だるま(^^)。もちろん、パパとの合作です。雪だるまといえば丸い雪のかたまりを二つ重ねたイメージしかない私ですが、こちらの人の作る雪だるまはどれも個性的。そういえば、英語でもノルウェー語でも雪だるまはスノーマンだから、だるまである必要はなくて、どんな形の人でもいいんですね。今日の雪だるまは「のっぽさん。」

 

のっぽだけど、顔はかわいいお茶目さんです。

 

snowman face

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

サンタさん

santa visiting

 

サンタさんを待っていると、折りしも玄関のベルがピンポーン♪ 一目散に駆けつけて扉を開けるハービー。「中に入って、入って!」と招きいれ、描いていた手紙も渡します。

 

「今年一年、いい子にしてたかな?」

 

meeting santa

 

握手をしてもらったりプレゼントをもらったりで、緊張したり喜んだり忙しいハービー。お義母さんの要望で合間に記念撮影をしたりとなんだか有名人のようなサンタさん(^^)。このサンタさん、実はパパの妹さんの恋人。まだ結婚はしていませんが、自分のことをハービーの「叔父さん」と呼んでいて、もう家族の一員です。なかなかの名演技で、セリフも動きも声もサンタさんのイメージ通り。正体がばれないように長居は無用、と「屋根の上にそりを止めてきたから、もう行かなくては。次の子供たちが待っているからの」なんて言って、すっかりハービーの信用を勝ちとっていました。

 

sleeping on sofa

 

こんなにガヤガヤしている中でもソファーの上でスヤスヤ夢見心地のソルティー。せっかくなのでとサンタさんに抱いてもらったら、ひげを引っ張りながら大泣き。ひげが取れるのを心配したサンタさんは、早々に退散していったのでした(^^)。「ホー、ホー、ホー、また来年!」

 

サンタさん、ありがとう。また来年も会えるといいね。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

イヴの夜

sqeezing presents

 

イギリスでは確か24日がクリスマスイヴで、25日のクリスマスにプレゼントを開けていたように思うのですが、ノルウェーでは23日のことを「小さなイヴ」と呼び、この日にミルクがゆを食べたり、クリスマスツリーを飾ったり、プレゼントをツリーの下に置いたりして準備します。プレゼントは24日に開けるので、実際には23日がイヴで24日がクリスマスのような感じです。プレゼントがツリーの下に置かれると、どの箱が自分のものか、中には何が入っているのか想像するのがみんなのお楽しみ。振ったりさわったりしてもいいことになっているので、せっかくのラッピングがこの時にくずれます(^^)。開けるのが待ちきれなくて夕食前からそわそわしているハービー。ちょっぴり遠慮がちにつついています。

 

いつもテーブルセッティングが上手なお義母さん。今年は桃色がかった赤でかわいい雰囲気でした。

 

table setting

table setting 3

 

一人ひとつずつ、お皿の横においてあるクラッカーは、イギリスで買ったものだとか。かわいかったので、使った後の紙も持って帰ってきました。中には小物とクイズの紙が入っていました。パパはチェーンのブレスレット、私はねじと定規が当たったので、物々交換。ハービーのは特別におもちゃの電車が仕組んでありました。今年のお料理は、鹿のステーキ。付け合せにはジャガイモとラタトゥイユ、茹でた人参と芽キャベツでした。飲みものは、秋に庭で取れたリンゴを絞ったリンゴジュース。炭酸水で割ると、スパークリングワインのようで、いくらでも飲めました。

 

サンタさんはまだかまだかと窓の外を見ているハービー。

 

waiting for santa

 

もうすぐサンタさんが会いに来ます。

その様子はまた明日♪

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

メリークリスマス

with santa girls

 

クリスマス前最後の日曜日、4本目のろうそくを灯すのをとても楽しみにしていたのですが、こともあろうにパパも私もすっかり忘れてしまいました。明日からパパの実家を訪ねるので、プレゼントやらなんやらと準備で頭がいっぱいになってしまって...でも、のんびり屋のパパは「帰ってきてから灯せばいいよ」と、どこ吹く風。確かにまだ曜日の感覚のないハービー、帰ってきてからでも大丈夫かな。

 

これもギリギリになったのですが、やっとクリスマスカードを作りました。きれいなサンタさんに囲まれて心なしか緊張気味のハービーと、サンタになってもやっぱり寝ているソルティーが年末のごあいさつ。

 

Sleeping santa

 

みなさんにも、素敵なクリスマスが訪れますように♪。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

ジンジャークッキーのおうち

pepperkakehus bace

 

パパの要望で、ジンジャークッキーのおうちを作りました。きちんと測って作ったつもりでも、焼いているうちにずれたり縮んだりして、結構むずかしいおうち作り。なんとかベースを完成させたとホッとしたのも束の間、写真を撮っているうちに屋根が一枚ずり落ち、ハービーに食べられてしまいました。

 

ハービーが、「なかが みえて たのしい」と喜んでいるので、気を取り直して、屋根がないままデコレーション。飾りつけをするためのきれいなお菓子などを用意していなかったので、家にある胡桃やレーズン、チョコレートで間に合わせました。デコレーション担当はパパとハービーです。

 

pepperkakehus finished

 

なんだか豪快なのが出来ました(^^)。前から見るとそれなりに見栄えがするのですが、後ろから見ると。。。

 

pepperkakehus back

 

パパ曰く、「廃墟と化した修道院跡。」 これだとクリスマスというより、ハロウィーンみたい。でも、ハービーは中にサンタさんの人形を入れたりして遊び、楽しんでいました。クリスマスが終わるまで飾っておくためのお菓子の家ですが、ハービーは見るたびに手を伸ばして飾りを取ります。

 

クリスマス明けに会う幼稚園のお友達の家に持っていくまできれいに置いておく、と約束したのですが、いつまで持つかなー。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

仲良し

on the snowy hill

 

ハービーのお友達とご両親が遊びに来てくれました。来年早々ノルウェーを経ってしまわれるお友達。いつもお世話になっていて、なんとかお返しをしたいと思っていました。忙しい年末ですが、ギリギリセーフのご招待です。雪山で仲良く(別々に?)遊ぶ二人。時にケンカしながら、時にむくれながら、次の瞬間にはもう笑い合っているから、子供って不思議です。

 

外で遊んで、家の中で遊んで、夕飯を食べて、また遊んで。デザートのお菓子は二人に手伝ってもらってジンジャークッキーを焼きました。

 

pepperkaker

 

 

せっかく仲良くなったのに、もうすぐいなくなるのは淋しいけれど、かわりに遊びにいく楽しみができました。

子供たちはそんなことは気にせずに、ただその時その時を精一杯楽しんでいます。

だから幸せなんだね♪ 負うた子に教えられる毎日です。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

3本目のろうそく

the third candle 3

 

昨日は待降節3度目の日曜日、3本目のろうそくを灯しました。

 

Så tenner vi tre lys i kveld   (So we light three candles tonight)

Vi tenner dem for lengsel, håp, og glede   (We light them for longing, hope, and  happiness)

De står og skinner for seg selv   (They stand and shine by themselves)

Og oss som er tilstede   (And for us who are here)

「今宵3本のろうそくに火を灯す / この光は愛、希望、そして幸福 / ろうそくは3本で立っている /      ここにいる私たちのために」

 

 

ろうそく立てを駐車場に見立ててミニカーで遊ぶハービー。何でもおもちゃになってしまいます。

クリスマスプレゼントのためのショッピングをまだ始めていないので、ちょっぴりあせってきました。

まずはリストを作らなければ。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »