森であそぼ

Playing in nature, playing with culture

夏休み

bow and arrow

 

ハービーがロビンフッドになったつもりで使っていた弓矢。普通の弓矢はむずかしかったので、引き金を引くだけで上手に飛ばせるタイプのものをお土産に買ってきました。「これ、買ってやってもいいと思うんだけどな。」とパパは言っていましたが、「これ、ぼくも欲しいんだけどな」が本音だったんだなと後で分かりました(笑)。飛ばしあいっこしている二人のうれしそうなこと。「人や動物にはぜったい向けてはいけない」との約束、今のところ守れているようです。

 

気分はロビンフッドのまま、もうすぐ日本へ経ちます。日本にいる間はブログの更新はできないと思います。再開できるのはたぶん8月になってから。その間に子育てスタイルさんがおしまいになってしまうので、とても残念ですが、ブログはこのまま続けたいと思っていますので、また遊びに来ていただけるとうれしいです。

 

私も楽しみにしていた子育てスタイル。笑ったり、励まされたり、頷いたり、涙したり。

 

これからも、少しずつでも気持ちを分かち合っていけたらなーと思っています。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Advertisements
2 Comments »

ロビンフッド

digging

 

最初に見つけたおもしろそうな場所は砂場。といっても、ただの砂場ではありません。化石の発掘をするところです。何箇所にも骨が隠してあって、それを掘り当てたら王様からの手紙(賞状)がもらえます。

 

こんなのが見えてきました。

 

bone

 

これはねー、下あごの部分だよー。ほら、こんな風にね。

 

skull

 

それぞれ掘り当てたものを片手に得意そうな子供たち。最初から隠してあるって分かっていてもやっぱりうれしいものなんですね。

 

発掘の次には弓矢の訓練も受けました。

 

shooting

 

これは子供にはかなりむずかしかったようです。大人用もあったので私たちもやってみました。

 

運動したあとは、おたのしみのおやつ。おやつも時代を考えてあるのか、伝統的なパンケーキとリンゴ飴だけしか売っていませんでした。

 

ringoame

 

このリンゴ飴、自然な色の飴をうすーくかけたリンゴに大麦のフレークがかかった、見た目よりもヘルシーな昔風おやつ。ハービーのを少し分けてもらったのですが、すごくおいしくて、家でも作ってみたいと思いました。ハービーは食べている間中、ずっと無言でした(笑)。

 

天気のいい中、いっぱい遊んでその日は疲れているはずなのに、いつもより遅くまで起きていた二人。

 

次の日、ハービーは一日中「ぼく、ロビンフッド。ソルティー、ロビンフッドのおとうと。おにいちゃん、ちょっとゆみやを ひいてくるねー。」と言って遊んでいました。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

中世祭り

music

 

古いものが好きなパパとOくんのパパ。中世祭りがあると聞いて、出かけることになりました。会場に着いたとたんに始まった音楽、私たちは知らなかったのですが、Oくんのパパが大ファンの Virelai というデンマークのグループでした。一番前の席で生演奏を聞けてうれしそうなパパたち子供たち。テンポのいい曲で、普段は踊らないハービーも体を揺らしていました。

 

12世紀の修道院跡のある会場には、中世の衣装を着たいろんな人が。

 

加治屋さんとか…

 

smith

パンを焼く人とか…

baking bread

お坊さんとか…

monk

騎士になったつもりの人とか。

a knight

 

この後、本物の剣と楯とヘルメットをつけさせてもらったハービーですが、つけたとたんに「もう だめだ、もう だめだ、はやく はずして~」とフラフラのあかんたれでした(笑)。あとで、「ほんものの けんとたてとへるめっと、おもかったねー。どうして あんな おもいのをもって たたかったの?」と、騎士のすごさを認識したようでした。日本のさむらいも、重いの着てたんだけどね。

 

こっちの人が中世の格好をして歩いていると、本当にその時代にタイムスリップしたみたい。さすがバイキングの子孫だなー、と思いました。

 

子供用のアトラクションもあって、ハービーもOくんたち兄弟も大満足。その話はまた明日!

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

1 Comment »

エクササイズ

aiming dokinchan 2

 

ソルティーの8ヶ月検診に行ってきました。体重10,5kg、身長75cmで、縦横共に大きいと思いましたが、グラフに入れてみると平均よりちょっと上ぐらい。グラフの上限値を突っ走っていたという赤ちゃんの話も聞きますが、一体どれくらい大きいのか… そもそもこのグラフ、正しく統計がとれているのかしらん。

 

最近お気に入りのどきんちゃんボール。うまくつかめなくて逃げていくボールを見ては足をバタバタさせて喜びます。

じーっと狙いを定めて…

 

aiming dokinchan

 

すごい勢いで近寄っていき、キャッチ(したところが一番上の写真)。ちょっと空気がぬけてふにゃふにゃなので、つかみやすく噛みやすい。いい運動になっているようです。

 

そんな重たいソルティーを毎日抱いているので、筋肉がついて筋肉痛も激しい私の二の腕。先日ハービーがその腕をさすりながらつぶやいた感想が、「おかあさんの ふとももって きもちいい~。」 あのー、そこは腕ですけど…とショックを受けていたら、昨日はお腹をつねりながらとどめの一言。「ねー、どうして おかあさんのおなかは こんなに でっぷいのー?」

 

確かにソルティーが生まれてから完全には戻っていないプヨプヨお腹ですが… 誰も(遠慮して)言わなかったことをこの子は全く。一応「どうして?」と聞かれたので、答えを出しておきました(笑)。「それはねー、ソルティーが座った時に気持ちいいようにでっぷりしてるのさ~。」

って、開き直っている場合ではないなー。

 

今日からエクササイズかな。でも、これ以上筋肉痛はやだなー、なんて、なかなか踏み切れないこの頃です。

とりあえず、一緒に運動しよか。

 

on the round sofas

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

お城

rabyrinth 2

 

島には海のほかにもお楽しみがいっぱい。「めいろのところにも いこうね」と楽しみにしていた、古い修道院跡。壁だけが残っているので、本当に迷路みたいです。スタジオジブリの映画、『猫の恩返し』を見たハービーは、すっかり「バロンさん」の気分。「おかあさん、ハルちゃん。ハル、あそこをみろ!はやくにげるんだ。」と言っては自分で逃げていました。私はソルティーを抱いているので、そんなに早くは逃げられません(^^)。

 

rabyrinth

 

まわりには幼稚園や小学校から遠足に来た子供達でいっぱい。文化財保護のため、「壁には登らないでください」と書いてあるのですが、そんな注意書きはあってなきが如し。こんなに魅力的なところ、登るなと言われる方がむずかしいのは分かりますけど、先生方は大変です。こちらで子供を下ろしたと思ったらあちらで別の子が登ってる。

 

この塔だけは登ってもいいことになっています。

 

in the tower

 

手の中でソルティーが暴れたのでブレています(笑)。この階段が暗くて急でこわいのですが、子供には夢のお城。窓から外を眺めるのがまたいい気持ち。

 

日本のお城に行ったら、大喜びするかな。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

on the boat 3

 

昨日はパパの仕事が早く終わったので、オスロで待ち合わせ。船に乗って島巡りをしました。船の上では興奮してずっと景色を眺めているハービーですが、興味深げに眺めているのはただの波です(笑)。

 

途中、大きい船も見えました。

 

Danskebaaten 2

 

デンマーク行きの豪華客船。「これにのってデンマークへ行きたい?」と聞いたらハービーは行きたくないと言います。こんなに大きなものに乗って知らないところへ行くのがなんとなくこわいようです。

 

島に着いたらバーベキューをして、海で遊んで。

 

on the shore 2

goose

 

かなり冷たい水ですが、泳いでいる人もちらほら。強い日差しが苦手な私は木陰で内職にいそしみました。夜やろうと思っていて全然出来ていなかったソルティーのよだれかけ。こちらで売っているのは生地が厚くて暑苦しそうなので、ガーゼのハンカチで作ってみました。

 

bib

 

ただ三角に折って縫っただけ(しかも手縫い…)ですが、涼しそうでまあまあ満足。

 

二人ともよくはしゃいで、夜もぐっすり眠ってくれました。が、しめしめと思う間もなく、気づいたら親の方も子供と一緒に熟睡。

 

子供を疲れさせて夜は自由時間を、と思うのですが、なかなかどうして、そうは問屋がおろしませーん。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

デビュー

poppy

 

茎の途中で折れてしおれていた芥子の花を「かわいそうになってる」と持ってきたハービー。茎を切って水あげしたら花が開きました。大きくて立派な花を二人で見ていたら、ハービーが「でびゅーってなあに」と言い出しました。

 

デビューって、あの初舞台の?と思いながらも、そんな言葉どこで聞いてきたのかがすごく不思議。誰が言っていたのか聞いてみたら、「みーちゃん」と言います。みーちゃんは日本語の幼稚園のお友達で、お父さんもお母さんも日本の方。あー、それなら分かる、分かる。「何か新しいことを初めてした時に、デビューした、って言ったりするけど、みーちゃんは何が初めてだったんだろうね」と言ったら、「サンドイッチつくったの、はじめてだったんだって。」

 

先週の日本語幼稚園のテーマは「父の日」で、お母さんと一緒に材料を買って持ってくるというのが宿題。当日はお父さんも参加で、それぞれ持ってきた材料を使ってお父さんにサンドイッチを作ってあげるという内容だったから、その時にそんな話が出たのかな、なかなか面白いことを言うんだなー、なんて聞いていたら、続けてもっと面白い発言が。

 

「それから、えだにソーセージさしたのも はじめてだって。」

 

そういえば、こっちの幼稚園で遠足に行ったってお母さんがおっしゃってました。「枝にソーセージ刺して焼くなんて、ワイルド~」って(笑)。たしかに、その辺に落ちている枝から手頃なのを見つけて、ナイフで先をとがらせてそのままソーセージを刺すから、私も最初は「汚くないのか!?」なんてびっくりしたんだった。今ではすっかり普通になっているなーなんて、自分の変化にも改めて驚かされました。

 

でも、なにより、みんなが次々にソーセージを刺していく中、目をまんまるくしているみーちゃんとお母さんの様子が目に見えるようで思わず大笑いしてしまいました。

 

そうかー、みーちゃん、ソーセージデビューしたのかー。

 

うちの子は日本に帰ったら今年は何デビューするのかな。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

今が旬

shrimp

 

これが出てきたらいよいよ夏だなー、と思うノルウェーの食べ物、えび。大きいえびではなく、小さな甘えびが夏の風物詩です。パンとマヨネーズ片手に港に行き、船から揚がりたてのえびを買ってその場で食べるのがパパ曰く本式の楽しみ方なのですが、お店で見たら欲しくなって買ってきました。

 

パンにマヨネーズを塗って、えびをのせるだけ♪

 

shrimp on bread

 

簡単なのですが、えびの殻をむくので口に入るまで時間がかかります(笑)。気を利かせてパパがディルの葉を買ってきてくれたのに、出すのを忘れました。何も気づかないパパもパパだけど。つけあわせはもちろん、ポテトサラダ。なぜ夏になるとポテトサラダなんだろう、と思っていましたが、ふかしたて熱々ではなく、ジャガイモを冷たく食べるための工夫なのかもしれません。えびが苦手なハービーはポテトサラダばかりおかわり。

 

デザートはこれも今年初めてのさくらんぼ。

 

cherries

 

こっちはみんな目の色を変えて、口を真っ赤にして食べました。

 

もうすぐ日本に帰るので、こちらへ帰ってくる頃には夏は終わっている可能性が…

と思い、短い夏を満喫中です。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

誇り

lilacs white

 

庭に満開のライラックの花。ジャスミンに似たかぐわしい香りをあちこちに放って艶やかです。どこにいっても見かけるので、あたり一面ライラックの香り。

 

薄紫もかわいくて大好き。

 

lilacs 2

lilacs

 

高貴な印象のライラックですが、この香りがなかったらここまで気品がただようかしらと思うほどいい匂い。香りにまで気を遣えたらおしゃれの上級者って本当だな、と納得できます。

 

ハービーが突然「ほこりってなあにー?」と聞いてきました。「ほこりって、地面に落ちているゴミみたいなほこり?」とおちゃらけてみたら、「ううん、ちがうよ。ほこりってなにー?」と真面目な顔で聞きます。不意をつかれてあたふたな私。「そうやなー、ほこりっていうのは、自分でもこれは上手に出来る、っていう気持ちなんじゃないかな。ハービーは何か誇りに思うようなことある?」 「コーヒーがじょうずにひけること。」 「そうやなー。ハービーの挽くコーヒーはとてもおいしいから、お母さんも誇りに思うわ。」と言いましたが、なんだか説明がイマイチのような気がして、一緒に辞書を引いてみました。

 

「誇り」と引いたら「名誉」と出ている。「めいよってなにー?」

 

「名誉」と引いたら、「尊敬に値すること」とある。「そんけいってなにー?」

 

「尊敬はねー、えらいなあ、すごいなあ、と思う気持ちやな。」と説明したらちょっと筋が通った感じ。「ハービーが自分で自分のことをすごいなあ、と思ったら、それは自分を誇りに思うっていうこと。お父さんのことをすごいなあ、と思ったら、それはお父さんを誇りに思うっていうこと。お母さんがハービーのことをえらいなあ、すごいなあ、と思う時は、お母さんがハービーのことを誇りに思うっていうこと。」と言ったら、なんとなく分かったような様子でした。

 

その夜、レゴで遊ぶハービーと、横から壊しにかかるソルティー。苦情を言うハービーに、「ソルティーもお兄ちゃんくらいの年になったら上手に遊べるようになると思うわ。でも、その時にはお兄ちゃんはもっと大きいお兄ちゃんやなー。もっと大きくなってもお母さんのこと好きでいてくれるかなー」と何気なく言ったら、こんな返事が。

 

「うん。もちろんだよ。いつもほこりにしているからね。」

 

ありがとー。この言葉、宝物にするからね。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

flour pack

 

注文していた小麦粉が届きました。有機栽培の小麦を、昔ながらの石臼で挽いた粉。まとめ買いをすると安く買えるからお友達と一緒に買うのだけど、とOくんのお母さんに誘ってもらったので、私も便乗。いろんな種類があって迷いましたが、今回は一番使いやすそうなスペルト小麦の一番白いものをたのみました。このブランドは前から気になっていたのですが、お店で買うと1キロ千円近くもするので手が出ずにいたものです。だからとってもうれしい♪

 

早速開けてみると、しっとりさらさらの粉は青みを帯びた灰色。

 

flour

bread

 

手塩にかけて育てられた小麦が、丁寧に挽かれている光景が目に浮かぶような手触りです。早速パンを焼きました。めずらしく大きめのパンと、さつまいもとリンゴを入れたパンと。

 

sabadango

 

夕食は久しぶりに作った鯖だんごのスープ。パンにもおにぎりにも合って、ハービーが驚くほどたくさん食べました。

手間をかけて作ったものほど一瞬でなくなるような。

最近は3日分くらいのつもりで買った食べ物が1日か2日でなくなります。

ソルティーが食べ始めたらどうなることやら…

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »