森であそぼ

Playing in nature, playing with culture

ハロウィンの準備

spider's web

 

ハービーが日本語の幼稚園で作ってきた栗のくもの巣。栗に錐で穴をあけるのさえ手伝ったもらえば、あとは簡単にできてそれらしく見える優れものです。上から見たらくもの巣に、横から見たらくもに見えて、虫の苦手な私には結構コワイ(笑)。あまり工作に興味を示さないハービーも出来上がりに満足だったのか、うれしそうに持って帰ってきました。

 

去年は怖がってあまり乗り気じゃなかったハロウィンですが、今年はお化けを脅かすお化けになるんだといってシーツを用意してはりきっています。

「おばけちゃんにあげるおかしも ちゃんとよういしておいてね」と言いながら、ラッピング用の袋にシールを貼ってくれました。

 

Halloween decoration

 

ソルティーの頭より大きいかぼちゃも買いました。

こちらはお化けちゃんを怖がって泣いたりしないといいけれど。

 

天気がいいといいのにな~。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

お誕生日

mushipan

 

なんだか色々といそがしくて、すっかりご無沙汰してしまいました。教習所を再開したことや、補習校で研修&参観日が続いたことに加えてお友達のお誕生日に呼ばれたりして、やることの多かった10月の週末。いつもの生活だけでも子どもと寝てしまうくらいなのに、イベントが毎週のように続いたので、こなすだけで精一杯でした。

 

そんな中、ささやかながらお祝いした、ソルティーの初めてのお誕生日。パパの家族がティータイムに来てくれました。

離乳食の進みがおそいソルティーに、ケーキよりやさしいものと思って蒸しパンを作りました。ごはんが大好きなので、米粉でやってみましたが、気に入ったようでした。

 

大人用にはアップルスクランブルを。

 

apple crambles

 

これはソルティーを抱きながら片手でも出来るくらい簡単なのにおいしい♪ ハービーが「ぼくのたんじょうびにも これつくってね」というくらい気に入っていました。

 

プレゼントはお義母さん手編みのおそろいのセーターと帽子。

 

sweaters

playing with the jumper

 

以前からお上手だと思っていましたが、なんだかさらに腕をあげられたような。すごくきれいです。

ソルティーの手荒な扱いを受け始めたので、あわてて片付けました(笑)。

 

ちょっと地味めなお祝いでしたが、実はこれはプロローグ。訳あって、11月にもう少し盛大にお祝いをする予定です。

それまでちょっとまっててね。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

残暑

momiji

 

葉っぱが色づいたり、朝晩は氷点下になったり、秋色は濃くなる一方ですが、異例に長かった夏の名残りがちらほら庭に見られます。

 

ずっと緑だったトマトが今頃赤くなったり、遅れて植えたヒマワリが花を咲かせたり。

 

tomatoes

sun flower

 

10月にトマトやヒマワリなんて、いつもならあり得ない現象。

人間にはただ忍び寄る冬の足音しか聞こえないのですが、まだ暖かさが残っているということでしょうか。

 

autumn garden

 

植物って敏感なんですね。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

森へ

in the forest

 

もともと甘えん坊のハービーですが、最近は少し大人になったのか、ちょっと表現に変化が出てきました。「ぼく、ぼくのおとうさんとおかあさんが、おとうさんとおかあさんでよかった」と、こちらも喜ぶような言い方をしたりします。うれしいなあと思いながら、「どうして?」とつっこむと、「だって、ほんよんでくれたり、いっしょにおふろはいったり、いっしょにねたり、フルーツくれたりするから。」

 

私はこれだけ言ってもらえたら申し分ないのですが、パパはこっそりと「森がなかったなあ」と悔しがっている(笑)。「一緒に森にも行けるし、って言ってもらえるように、もっと頻繁に森に行かなあかん。」(今までも充分行ってますけど...)

 

というわけで、日曜の今日は森へ繰り出すことに。お楽しみは焚き火の上で焼くソーセージです。

 

初めて本物のナイフを持たせてもらい、はりきって枝の先をとがらせるハービー。串ができたら、ソーセージを刺して火にかざします。

 

grilling 2

grilling a sausage

smiling

 

昼ごはんのつもりが、時間がかかって食べ終えたのは夕方。

 

帰りに寄った園芸品店に残っていた最後のリンゴの木を買って、庭の向こうの空き地に植えました。

来年の秋の楽しみがまたひとつ増えるといいな。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです

2 Comments »

自転車

wheel

 

秋晴れの続く最近、夕食のあとにサイクリングというのがハービーの日課。まわりには補助輪なしで自転車に乗れるようになっていくお友達がふえてきました。そんな中、補助輪をはずすのをずっと嫌がっていたハービー。自転車そのものに親しみ出したのが遅かったせいか、「5歳になったらはずす」 「7歳になったらはずす」と延ばし延ばしにしていました。だから、こっちもそのつもりで来年の夏ぐらいを目標にしていたのですが、走っている様子をみていると、なんとなく補助輪に頼っていないよう。

 

そこで、パパがこっそりと補助輪が地面につかないように位置を変えておきました。一見補助輪はついているので、全然気がつかないハービー(笑)。走り始めはさすがにおかしいと思ったらしく、ひとしきり文句を言っていましたが、勢いがついたあとは走れてしまいました。

 

そこで、思い切って全部はずしてみることに。

 

cycling 2

cycling 3

 

「ぼく、ほじょりんなしでも だいじょうぶだったねー」

うれしくて、何度も何度も走ります。

 

cycling

 

冬が来ちゃうと練習できなくなるから、今年中には無理かなと思っていたパパも大喜び。

「今度はママの自転車を買わないとねー」だって。

子どもが乗れるようになったらママが自転車を買ってもらえるなんて、風が吹いたら桶屋が儲かるのと同じような(笑)。

楽しみにしているよん♪

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

レフセ

flour

 

博物館で食べたレフセがあんまりおいしくて、家でも作りたいというハービー。

早速一緒に作りました。

 

お兄さんにもらったレシピを見ながら、材料を用意します。

 

卵 2個

砂糖 250g

溶かしバター 125g

バターミルク 500cc

小麦粉 1kg

ふくらし粉 小さじ1

 

卵と砂糖、バターをよく混ぜて、ミルクを入れて、そこに小麦粉とふくらし粉を入れて生地をまとめます。打ち粉をした台の上で生地を薄くのばし、フライパンで焼いたら出来上がり♪

 

making dough

rolling out

 

こねたりのばしたりするのは得意中の得意。調子に乗りすぎて私に怒られたり(笑)。

 

台所はすごいことになりましたが、なんとかできました。

 

lefse

 

さすがに小麦粉一キロ分はたくさんあったので、ご近所さんにもおすそ分け。ちょうどこの日は、近所の人が集まって道や公園を掃除するボランティアの日。3時間ほど外で働いた後、みんなでコーヒーとレフセを囲みました。

 

おいしかったけど、あのお兄さんの味を出すにはもうひと息、というところだなー。

 

dugnad

 

ボランティアに参加中のハービー。あんまり役に立っていないけど、本人は働いているつもりです(笑)。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

秋いろいろ

lantern shadow

 

民俗博物館の中は紅葉も見事でした。建物に這わせてあるツタの葉っぱも、カエデの木々も赤や黄色に染まって目に鮮やかです。

 

昼寝をしていたソルティーが起きたので、一緒に公園で遊びました。

 

swing

maple wall

 

収穫の秋、食欲の秋、芸術の秋、運動の秋、紅葉の秋。

 

この日は、みーんないっぺんに味わえた長い一日でした。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

働いたあとは

potato print

 

お芋を使っていろんな体験をさせてもらったハービー。芋版ではんこを押したり、「ポテトパフ」というジャガイモのお焼きを作らせてもらったり。お焼きはこちらの人が言うと「プフ」と聞こえるので、ハービーは面白がってプフプフ言いながら作りました。

 

mashing potatoes

 

こんな道具でじゃがいものマッシュを作ります。1キロのじゃがいもをつぶしたものに、卵2個、塩小さじ1をいれてまとめ、鉄板で焼きます。出来上がりが一番上の写真。味見をしたらホクホクでとてもおいしい。家で作る時はもうちょっと塩を減らそうかな。

 

焼けるのを待っている間のお兄さんとハービーの会話。

「じゃがいも、ほってきたんか」 「うん、そうだよ」 「いろんなじゃがいもがあったやろ」 「うん、あかちゃんじゃがいもや、おとうさんじゃがいもや、けいさつじゃがいもや」 「けいさつじゃがいも? どんなお仕事するんや?」 「それはねー、ざっそうがはえてるのをみつけたら、けいさつにでんわすると、かけつけてきて ぬいてくれるの」 「(笑)そりゃーええなあ。ここのジャガイモは有機栽培で薬をまけないから、けいさつおジャガは引っ張りだこになるわ。」

 

それから、じゃがいもの植え方や有機栽培とはどんなものかなど、分かりやすく教えてくれたお兄さんでした。

 

その後はあちこち散歩。途中でパン屋さんを見つけました。

 

baking lefse

lefse in the oven

 

お兄さんが作っているのは、レフセという無発酵のパン。小麦粉と卵とミルクとバターと砂糖とちょっぴりのふくらし粉でできた、シンプルなパン。できたものにお好みでバターをぬり、砂糖、シナモンをふって食べます。

 

「やきたてのふかふか、おいしー!!」

 

lefse

 

顔全体で味わうハービー(笑)。手触りや湯気も味のうちです。自分の顔より大きい一切れをあっという間にぺロリ。

 

二枚食べてようやく満足したハービーでした。(といいつつ、私たちも...)

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

いもほり

rake

 

『おおきなおおきなおいも』を読んで、ずっと芋掘りに行ってみたかったハービー。秋休みも最後の今日、やっと念願が叶いました。オスロ民俗博物館内の畑で、掘ってきたのは(もちろん)サツマイモではなく、ジャガイモです。

 

お兄さんから掘り方を聞いて、めぼしいところに鋤を入れます。

 

digging

patatoes

 

中から出てくるかわいいジャガイモたち。大きいのや小さいの、赤いのや茶色いのなどいろいろです。

面白くてうれしくて、延々と掘り続けるハービー。「ぼくたち、きょう おひゃくしょうさんやねー!」

袋にいっぱいとって、お兄さんのところに戻ったら何やら不審なものが置いてあります。

 

scale

 

こ、これは秤ではありませんか。もしかして...とお兄さんに尋ねると「はい、お一人様一キロですよ。」

えー、すみません、とりすぎたと思います、と言うパパにお兄さん、「あ、いいですよ。持って帰ってください。」

「やったー!」 満面の笑顔でジャガイモの袋をかかえてきた二人でした。

 

potatoes in a bag

 

たぶん三キロはあったと思うよ...

 

ありがとう、お兄さん♪

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

板さん

nigiri

 

最近、造語が多いハービー。この間は「ソルティーって、いたさんやねー」と言う。「どうして?」と聞いたら、「だって、かんだり ひっかいたりするから、いたいやろ?」 あー、痛いの「いたさん」ね。道理でね。「板前さんのいたさんかと思ったよ。」と言ったら、「いたまえさんってなにー?」と聞いてきました。「お料理をつくるのがお仕事の人のこと。」「どうしていたまえさんっていうのー?」「いつもまな板の前にたってるからじゃない?」「そっか。」

 

そんな会話をしてしばらくしてから、ハービーが夕食にお寿司をリクエストしてきました。サーモンも手に入ったし、パパにはにぎりを、ハービーにはちらしと巻き寿司をつくることに。ところがその日はちょっと急いでいて、ちらしはなんとかなりそうだけど、にぎりが間に合いそうにない。猫の手も借りたい気持ちで、ハービーに助っ人をたのみました。

 

この頃自分でおにぎりを握って食べるのに凝っているので、「いつものおにぎりを作って、その上にお刺身をのせてね」と頼みました。あんまり当てにしていなかったのに、なんだか黙々とやっていて、「できたー!」というのを見たら、ちゃんと丸く並んでいます。握りずしの形には程遠いけど、手毬寿司みたいでなかなかかわいい。「よくできたねー」と感心したら、「ぼく、いたさん みたいでしょー!」

 

結局、巻き寿司も手伝ってもらって、いろいろお寿司の盛り合わせに、手羽元の照り焼き風添え。

 

moriawase

 

にぎりは小さくてやわやわに握れていて、私がやるよりよかったかも。

 

お寿司を頬張りながら、今度は「やけざけってなにー?」と聞くハービー。「へ?誰がヤケ酒なんて飲んでたん?」とびっくりして聞くと、「ちがうやん。さかなのことやん。さけをやいたら、やけざけっていうの?」

 

もう、びっくりするわーと笑ったら、「なんでわらってるのん?」

 

この理由説明して分かったらたいしたもんやと思うけど...ヤケ酒の意味はまだ分からないハービーでした。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »