森であそぼ

Playing in nature, playing with culture

夏休み

bow and arrow

 

ハービーがロビンフッドになったつもりで使っていた弓矢。普通の弓矢はむずかしかったので、引き金を引くだけで上手に飛ばせるタイプのものをお土産に買ってきました。「これ、買ってやってもいいと思うんだけどな。」とパパは言っていましたが、「これ、ぼくも欲しいんだけどな」が本音だったんだなと後で分かりました(笑)。飛ばしあいっこしている二人のうれしそうなこと。「人や動物にはぜったい向けてはいけない」との約束、今のところ守れているようです。

 

気分はロビンフッドのまま、もうすぐ日本へ経ちます。日本にいる間はブログの更新はできないと思います。再開できるのはたぶん8月になってから。その間に子育てスタイルさんがおしまいになってしまうので、とても残念ですが、ブログはこのまま続けたいと思っていますので、また遊びに来ていただけるとうれしいです。

 

私も楽しみにしていた子育てスタイル。笑ったり、励まされたり、頷いたり、涙したり。

 

これからも、少しずつでも気持ちを分かち合っていけたらなーと思っています。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

遊園地へ

 

日曜日には、こちらのおじいちゃん、おばあちゃんも山小屋に合流し、翌日は車で1時間ほどのところにある遊園地へ連れてもらいました。パパも子どもの頃に来たことのある、なつかしい遊園地。比較的大きくて、乗り物もたくさんありましたが、まわりが自然に囲まれているので、山で遊んでいるような気分♪ おじいちゃんと機関車に乗るハービー。これがすっかり気に入って、立て続けに5回も乗りました。空いていたので、係のお姉さんも笑って許してくれました。

 

気に入ったのは川下りのボート:

 

 

高い塔にも登りました (絶叫マシーンではなく、手で自分たちを持ち上げていく乗り物で、降りるときはゆっくりです^^):

 

 

あっちへこっちへ走り回り、閉館の6時ギリギリまでたっぷり遊んだハービーでした。

 

 

遊園地のシンボルの大きなトロルに登るハービー:

 

 

あんまり楽しくて、大はしゃぎのハービーに振り回され、次の日はヘトヘトだった大人4人でした。もちろん、ハービーはいつも通り元気に早起き。というより、いつもより早起きしてくれました。その元気、少し分けて欲しい(^^;)。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

山の動物

 

昨日は時間がとれなくて更新ができず、答えが遅くなってしまいました...ハービーが覗いているこの穴は...キツツキの巣でした。簡単なのですが、初めて見る私には一瞬何か分かりませんでした。中はわりに広めだったのですが、穴が思ったより小さく、「こんなので入れるの?」という感じ。私の手を入れるのもギリギリなくらいでした。キツツキってスマートなんですね♪

 

羊やキツツキの他にこのあたりで見られるのは、お馴染みのマガモや:

 

 

牛や:

 

 

リスなど:

 

 

恥ずかしがり屋で逃げ足も速いので、めったに写真に撮れないリスですが、これはとてもラッキーな一枚♪ 木から木へ飛び移る姿はよく見られます。木の実を貯めておくのに、キツツキの古巣を利用する習性があるので、もう使われていない巣の中に木の実が見られることもあるそうです。そういえば、キツツキ → ムクドリ → フクロウ → リス → テン → ミツバチと、違う動物が順番に巣を使っていき、そのたびに穴が大きくなって、最後にはハチミツ目当ての熊に木もろとも倒されてしまうというお話、『ごてんにすむのはだれ?』という絵本をハービーが気に入って読んでいたことを思い出しました。

 

あの本、もう一度読んでみようかな。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

クイズリレー

 

山小屋のまわりには湖がいくつもあり、夏は水辺で遊ぶ楽しみもあります。このあたりでは一番大きな、「七の湖」と呼ばれる湖で遊ぶハービー。湖の形が数字の7に似ているのか、これが7番目の湖なのか、なぜこう呼ばれているのかは分かりませんが、なんとなく縁起のよさそうな名前で覚えやすい♪ 泳ぐには寒すぎて、水に入りたがらないハービーですが、「ここでカニをつろうよー」と言うので、「ここにはカニはいないよ」と言うと、「どうして?」 「ここは湖だからねえ。カニは海に住む生き物だから、塩水じゃないと生きられないからねえ」と言うと、「じゃあ、おうちから しおを もってきて ここにいれようよ」と言ったハービーでした。

 

湖水べりで石投げに興じるハービー:

 

 

この湖はまわりがぐるっと森で囲まれていて、気持ちのいいハイキング&サイクリングコースになっています。夏はさらにちょっとした細工がしてあって、家族で楽しめるようになっています。歩いていくと、時おり木に問題がぶら下がっていて、クイズリレーができるようになっているのです。ハービーも問題を見つけました。

 

 

1問目はミミズクの写真が載っていて、「これは何という名前のミミズクでしょう?」という問題。私は分からなかったのですが、ハービーは即答。う~ん、パパに仕込まれているなー。写真は2問目で、私にも分かった易しい問題。「ミッキーマウスの飼っている犬の名前は何でしょう?」 これも答えられたハービーはすっかりクイズリレーが気に入ってしまい、「つぎのしつもんは、どこかなー」と探す勢いでしたが、3問目から急に難易度がアップ。 「この湖の深さは何メートルでしょう?」 パパも迷ってしまう微妙な三択に、ハービーは、「ぼく、このしつもん、いやなんだけど?」と急に熱が冷めてしまいました(^^;)。

 

質問は全部で20問ありましたが、子どもと妊婦をかかえたわが家族はあまり歩けず、5問目でリタイア。質問も難しくてほとんど当てずっぽうでした。でも、意外にハービーが乗り気だったので、簡単な問題を用意して森にぶら下げておき、お友達を呼んでリレーをしたら面白いかも、とパパと検討中です(^^)。

 

さて、ここで問題♪ ハイキング途中、木の幹に見つけたこの穴は何でしょう?

 

 

答えはまた明日!

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

夏の山と羊

 

山から下りてきました。夏でも雨模様の多い山の天気ですが、運よく最初の3日はきれいに晴れて、雲がモクモク。気温は14度とかなり涼しめ。気持ちのいい散歩が出来ました。この山の夏の風物詩は羊。ここで放牧させるので、夏中あちらこちらに見かけます。羊に触ってみたいとずっと言い続けていたハービー。パパに、「それは難しいと思うよ」と言われてもあきらめきれず、抜き足、差し足で近づこうと試みます。

 

 

いくらも近づかないうちに、逃げられてしまいました。羊は臆病な動物で、人を見るとすぐ逃げてしまいます。でも、たまに怖いもの知らずなのもいて、子どもを守ろうと威嚇したりすることもあります。今度はなかなか勇敢そうなのが突進してきたので、再度挑戦してみましたが...

 

 

やっぱり逃げられてしまいました。念願叶わず、くやしいハービー。触るのはダメでもエサはやれるかも、と草を手に何度も試しましたが、結局逃げられてしまい、「...たべてくれなかった...」とがっくり肩を落としていました(^^;)。

 

羊は好きなのですが、羊のにおいは気になるハービー。においの強い場所に来ると、「ひつじの においが してきた」の顔をします。

 

 

道のあちこちに落ちている羊のフンを見つけては、わざわざ足を止めて、「あ、うんこ。くしゃい」と言及(笑)。でも、3日も過ぎると慣れたのか、何も言わなくなりました。こうやって逞しくなっていくのかなー。

 

ママは今でも慣れませんけどね...(^^;)

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

山小屋へ

 

昨日から山小屋に来ています。これから一週間ほどここにいる予定です。山に持って行きたいというパパの希望で作ったルバーブジャム。パパは本当にルバーブが大好きです。煮沸消毒をしたあと、外で冷ましていたら、いつの間にかハービーが周りを飾りつけ(^^)。イギリスで拾ってきた貝殻とヘリコプターのハロルドです。どういうつもりの組み合わせかな。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

2 Comments »

スウェーデンの森

 

ボートに乗ったのが忘れられず、2日目も乗せてもらうのを楽しみにしていた子供達ですが、この日は風が強すぎて高波警報が出ており、船を出してはいけないと、お隣さんがおしえてくれました。そこで、予定を変更して、森へ散策へ。「もう、きのこが出ているかもしれないよ」との声に、ハービーの目の色が変わります(笑)。森に咲いている、黄色く可憐な花、スイカズラ。ノルウェー語では kaprifol 、英語では honeysuckle と呼ばれます。名前の通り、蜂蜜のように甘い、いい香り。このあたりのシンボルなのか、絵葉書になっているのをよく見かけました。

 

子供達を巻いて、かくれんぼをするお茶目なお父さんたち:

 

 

でも、そんなの、すぐにみえちゃうもんねー:

 

 

前の晩に雨が降ったのか、きのこのある場所はドロドロにぬかるんで歩けなかったので、頂上の方へ行くことになりました。お天気がよかったので、見晴らしは抜群。ヨットもモーターボートもよく見えました。

 

 

帰り道では、アナグマの棲家も見つけました。

 

 

入ってみたいというハービー。大きさが微妙だったので、「ぬけられなくなったら困るからやめといたら」と言ったら、「くまの プーさんみたいにねー」と返ってきました。うん、たしかに、あんな風になりそうだねー。

 

森を出る時、急に足を止め、「きのこ とってくるの わすれた!」と言って戻ろうとするハービー。説得に時間がかかり、手間取ってしまいました。最近はなんだか物覚えがよくて困ることもしばしば(^^;)。

 

帰ると豪華なお昼ごはんが待っていました。トマトのカプレーゼ風サラダに、鯖のムニエルと粉ふき芋。前日の収穫が一匹だった私たちをあわれんで(?)、お隣さんが15匹ほどプレゼントして下さった鯖です。「こんなにいいんですか?」と言うと、「昨日は40匹釣れたから。」 えー、と驚く私たちに、「最近は毎日40匹くらいは釣れるよ」って。。。私たちの腕のほどが知れてしまいます(^^)。お料理上手なお友達のママのおかげで、とても美味しくいただきました。

 

お昼を食べたら、バスに乗って帰途に着きます。短い滞在だったので名残り惜しく、お友達は泣いてしまいました。

 

だいじょうぶ、今度はうちの山小屋に遊びに来てね。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

釣りと岩登り

 

ボートに乗せてもらってご満悦のハービー。今年はボートに乗る機会が多く、すっかり味をしめた様子です。波しぶきのあがるこの瞬間が大好きで、顔に水がかかってもケラケラと喜んでいます。波のない静かな水面だったので、私も船酔いせず、順調な滑り出し♪ 沖には釣りをする人がたくさん出ています。ちょっと見ている間に次々と鯖を釣っている船の隣りにボートをつけて私たちも挑んだのですが。。。待てど暮らせどかかりません。朝、取ってきた小エビやミミズを餌にしていたのですが、なんだか餌だけなくなっている模様。この際仕方がないかとお弁当のソーセージやジャガイモまで使いました。結局この日の漁獲高は、ソーセージにかかった一匹だけ(^^;)。それでも子供達は大興奮でした。腕がよければもっと喜んでもらえるのにねー。

 

お昼の時間をすっかり過ぎてしまったので、近くの島に上がってお弁当。食べ終わるや否や、パパと子供達はどこかへ遊びに行ってしまいました。しばらーくして、お友達のパパから連絡が入り、岩の裏側に回ってみると...

 

 

あんなところまで行っています。 「おかーさーん!」 「おかーさんも ここまで きてー!」と叫ぶ子供達。うーん、今の私にはちょっと無理(^^;)。登ったり降りたりはもう子供の方がずっと上手。こんなのも、どうやって降りるのかと思って見ていたら...

 

 

滑り台みたいにしてすべり降りました。

 

 

おしり、痛くないのかな。

 

子供を無事に連れて帰る任務を終え、語り合うパパたち。

 

 

こういう時、お父さんって、どういう話をしているのかな。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

お庭拝見

 

翌日、起きるなりすぐ一緒に遊びだす二人。青と赤のフリースを着て、ぐりとぐらのようです。と、砂遊びに夢中になっていたはずのハービーが見つけたものは。。。

 

 

実もたわわなクロスグリ。今度は食べるのに夢中です。お友達の方は、「ぼくはあんまり すきじゃないから、」ご勝手にどうぞ、と鷹揚な態度。ハービーひとりで食べ放題です。クロスグリの横にはこれまた立派なグースベリー(セイヨウスグリ)が:

 

 

枝にとげがあるので、摘む時は要注意なのですが、ハービーはなぜか上手く取ってはこれも食べています。あたりをよく見渡すと、お友達のパパも庭仕事がお好きなようで、色々珍しいものがあります。モミジやイチョウにはじまり:

 

 

盆栽コーナーまで:

 

 

まだまだ手入れはこれからだという盆栽コーナー。気候の穏やかなここだからできることらしく、パパもうらやましがることしきりでした。こんな所で日本の植物のある風景に出会うのもなんだか不思議な感じ。大きくなるのが楽しみです。

 

そんなこんなの思惑は全然お構いなしに、ボートに乗る準備バッチリのふたり:

 

 

うれしくて、もうワクワクです。今から、釣りに行ってきま~す。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »

スウェーデンの海小屋

 

週末に、お友達のところにお泊りに行きました。うちのパパの両親には山小屋がありますが、お友達のところにあるのは「海小屋」。お友達のおばあさまがスウェーデン出身なので、スウェーデンに避暑地があります。今回はそこに呼んでもらいました。お隣の国なのに、買い出し以外にきちんとスウェーデンに行ったことがないパパは、心なしか感慨深げ。私から見ると、あまり違いが分からないんですけれど(笑)。

 

ハービーもおそらく違う国だとは思っていないようで、ただ、お友達に会えたのがうれしい様子。早速、近くの海辺にカニ取りに繰り出します。たまたまイギリスで経験したばかりなので、本人はやる気満々。様子も見ないうちからいっぱい取れるものと思っています。

 

 

うーん、姿は見えるんですが、満ち潮になってきて水位が高いので取るのは難しい状況。何度もやっては、「あー、だめだったー」と残念そうに言うハービーの、大人びた口調がなんだかほほえましい、無念カニ取りとなりました。

 

あきらめて桟橋のところで明日の抱負を語る二人:

 

 

「今日は遅いから、明日ボートで海に出ような」 「うん」 「そしたら、いっぱい魚釣ろうな」 「うん」

 

って、そんな約束して大丈夫なのかな。この晩、子供達が寝てから二人のパパたちが夜の釣りに繰り出しましたが、収穫は小さな鯖が2匹。とてもきれいな鯖で、釣れただけでもすごい、と思いましたが、「いっぱい」にはほど遠いかもね~。

 

 

 

 


子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

Leave a comment »