森であそぼ

Playing in nature, playing with culture

初釜

making tea S

 

お茶会といえば、はじめに懐石、次にお菓子、そしてお茶をいただきますが、

食事中もじっとしていない二人相手に懐石なんてまだまだ先のことで...

「初釜」なんて大げさですが、おせちで雰囲気が出ているこの日のささやかな楽しみです。

 

 

osechi

ozouni

okashi 1

 

今年もお菓子はハービー作。

ご銘は「山の足跡」だそうです。

きんとんを茶巾包みにして、上に黒豆をのせました。

中に栗の甘露煮が丸々入っているので、ハービー待ちきれません。

 

making tea H

drinking tea

 

普通は、点てたお茶はお客様にお出ししますが、

ハービーは自分で飲みます(^^)。

この後、パパと私にも点ててくれました。

 

お兄ちゃんがやるのなら、ぼくもやりますよ、というソルティーの点前が最初の写真。

勢いよすぎて、茶筅の穂を一本折りました。

(新しいの渡さないでよかった。)

 

おなかいっぱい食べたら、「次は何する?」と遊ぶ気満々。

ちょっと休憩させて~。

 

 

2 Comments »

新年 申年

kagamimochi

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年お世話になった方々、ブログを通じて交流してくださった方々、

いつも訪問してくださった方々へ、心よりお礼申し上げます。

 

ご無沙汰してしまっている方、お世話になりっぱなしでお返しできていない方、

気になりながらもお会いする機会がもてなかった方、

今年は少しずつ時間を作っていけたらなと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

*****

 

今年はハービーが張り切って飾りつけを手伝ったためか、

去年までの和室がなくなったためか、

心なしかはでな鏡餅になりました(^^)。

 

こんな年になるのかな。

 

 

 

2 Comments »

大晦日

firework 1

 

今年は、仲良しのOくん家族がオランダに帰省しているので、

家族水入らずの年越し。

夕食はパパが腕を振るってくれるので、

朝ごはんに年越しそばを食べました。

 

soba

 

お蕎麦を食べて、お餅をついて、

夜は花火。

 

 

firework 3

firework H

firework S

 

初めてのお年玉を楽しみにしているハービー。

今年も一年、無事に過ごせました。

行く年に、ありがとう。

そして、来る年さん、よろしくお願いいたします。

 

 

2 Comments »

中秋の名月

manngetsu

 

お久しぶりです!

夏に京都に帰省して以来、あれよあれよと時間が過ぎて、秋になってしまいました。

忙しかったけれど、元気にしています。

 

書きたいことはいっぱいあるのだけれど、まずはお月見で一息。

今年も、とてもきれいなまんまるお月様を見ることができました。

雲もなく、神々しいまでの光が眩しい今夜の満月。

深夜には、月食も見られました。

 

月よりも団子に忙しい子供たち。

 

kone kone

pechannko

mechamecha

 

あ~あ。最後の写真は作り始めではなく、作り終わり(弟の仕業)。

お兄ちゃん、全部やり直しました。

 

osonae

machikirenai

 

大人気で全然足りなかったお団子。

(でも、一人12個ずつ食べましたよ。)

今度はもっと作ろうね。

 

 

 

 

 

4 Comments »

Koinobori nigiri

 

粽を作ろうとおこわを炊いたのですが、皮に包む前に全部食べてしまい、

五日当日は、こいのぼりごはん。

これだけのことに時間がかかり、やってみようかと思っていたキャラ弁は

とうてい無理とあきらめがつきました。

 

でも、いつもはおかずから先に食べるハービーが、「わぁ~」と言って、ご飯から。

ソルティーは、「こいのぼりー? どこー? これ、のり?」と至ってマイペース。

食欲旺盛な二人にとっては前菜にしかなりませんでしたが、少しは印象に残ったようです。

 

koinobori origami 2

 

「ぼくも、こいのぼりつくりたーい」とおり紙をおりだしたのは、予期せぬ展開。

「ぼくは、一番簡単な棒を作るから、こいのぼりはお母さん作ってね」と言いながら始めたのに、

結局最後まで自分で作っていました。

 

すっかり魚の気分だったのか、寝る前に選んだ本も、『いとよ』

いとよの一生を紹介した本なのですが、ソルティーはページをめくるごとに「これ、おいしい?」

と聞いて、先に進ませてくれません。

 

Koinobori jiku

 

時には流れに逆らったっていい。

鯉のように、力強く水をくぐって、空へかけのぼろう。

 

 

 

2 Comments »

新しい門出

randoseru 1

 

春から、いよいよ新一年生。

「この、カブトムシみたいにみえるところが、かっこええんやなー」と、

ランドセルを開けては閉め、閉めては開けて、そわそわしているハービー。

 

randoseru 2

pencil case

lunch bag

 

新しい筆箱、新しいえんぴつ、新しいノート、新しいお弁当袋。

「よし」「よし」と確認しながら、自分でできるか何度も練習。

 

nyuugakushiki 11

nyuugakushiki 11

 

お友達とふざけたりしないで、先生のお話聞けるやろか。

みんなとなかよくできるやろか。

できひんことが多くて、泣いたりしいひんやろか。

 

そんな心配をよそに、ハービーはたくさんの教科書を携えて、

「たのしかった~」と帰ってきました。

 

textbooks

 

新しい知識

新しい友情

新しい体験

新しい見方

 

上手に受け止めて世界が広がりますように。

大きくなっていくそんな背中を、うまく押していけますように。

 

 

4 Comments »

春休み

mi

 

三週間のお休みをもらって京都に帰ってきました。

たった二日でしたが、卒園前のお友達と一緒のクラスに入れてもらい、

春休みの遠足にも誘ってもらって、日本の幼稚園の最後を満喫したハービー。

 

「小学校にも帰ってきてね」と言ってもらえるような、あたたかいお友達に囲まれ、

あたかも卒園生のような思いを抱いたのか、

「ぼく、これで幼稚園おわりなんて、かなしい」と涙ぐんでいました。

 

普段は忙しい、いとこたちと遊ぶ時間があったのも、春休みの醍醐味。

 

four on a tree

 

四人揃うと嬉しすぎて、いつものやんちゃぶりがさらに過熱。

あまりのテンションに大人はたじたじでしたが、

そんなことにはお構いなしの子供たちは、一日中遊んでもまだ名残惜しく、

次の約束をしてはその日を楽しみに、やっと眠りにつくのでした。

 

今朝は、ノルウェーに帰って四日経つのに、

「K くんとM ちゃん、来てる?」と起きてきたハービー。

もう、次の帰国を心待ちにしています。

 

 

 

 

 

2 Comments »

桃の節句

ohinasama

 

男の子しかいないけど、毎年お祝いする気満々のひな祭り。

楽しいことと、美味しいことは逃すわけにはいきません(^^)。

「ぼくがつくったやつ~」とお雛様を飾り、

「きんしたまご きるの、ぼくにさせてね」とお寿司づくりもいいとこ取り。

 

chirashizushi

 

少々太めできしめんみたいですが、悪くないですよ♪

和室にかざってあったお雛様が気づいたら食卓に。

(しかも、お椀までお皿の上に移動してるし...)

 

hinamatsuri

hinaningyou

 

「このおすし、世界でいっちばんおいしい!」と言ったハービー。

日本語の幼稚園でソルティーと同じクラスのお友達にいただいた、

ご実家直送のお米をこの日のためにとっておいたのですが、

そのお陰だと思っています。

 

大事なお米をありがとう。

 

翌日の朝ごはんにもと思ったのに、お米四合分のお寿司が、全然残りませんでした。

お弁当に入れようと思っていた、春巻きやゼリーも残らず。

 

日差しがあたたかくなり、すこーしずつ空気が和らいでいます。

 

 

 

 

 

2 Comments »

立春前夜

setsubun

 

大豆が用意できなくて、ピーナッツで豆まき。 北海道ご出身の方が、

「地元ではもともとピーナッツでするんですよ」とおっしゃったのを聞いてからは、

不思議と違和感なく、その時その時に手に入る方で。

 

今年の恵方まきは、張り切って七種類の具。

人参、キュウリ、三度豆、卵焼き、鮭、アボカド、ほうれん草と、好きなものばかり。

海苔の上にごはんを広げたり、具材をのせたり、好きな卵だけつまみ食いしたり、忙しいハービー。

 

ご飯中もふざけはじめるし。

 

oni

 

「どうしてぼくだけが鬼?」というので、うようよ湧き出た鬼三匹。

 

onionioni

 

玄関の外も中も、まめいっぱいになりましたが、

殻つきのまま投げたので、後片付けがらくちんでした。

 

『ないたあかおに』みたいなやさしい鬼。

『せつぶんのおに』にでてくるゆかいな鬼。

 

鬼だっていろいろ。

世界中の鬼、福、人、それぞれ認め合って、

みんな仲良く暮らせたらいいのになと願った今年の節分でした。

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

 

2 Comments »

初釜?

chasen

 

約束していた「お茶会」、やってみました。

子供と一緒はこれが初めて。

今年初、ハービーにとっては人生初のお点前です。

 

fukusa

 

せっかくなので、未年の袱紗。十二年前のものです。

月日の経つのはなんとやら。

 

okashi 2

okashi

 

「おかしをどうぞ。」

上が私、下がハービー作。

「雪が少し解けはじめて、緑や土が顔を出しているイメージで作るんや~」といったら、

ハービーの方がいい感じ。どんな名前をつけようか。

 

Having tea

 

「...あつい...おいしー...」

と、ここまではつつがなくいったのですが、

ソルティーの登場により、ここから大変なことに。

 

nometa

bokumo

 

「は~、のめたー!」

「ぼくも、やりたい!」

このあと、できたお茶にお茶勺をつけてかき回すし、すごいことになりました。

 

「こんどは ぼくがおとうさんとおかあさんに つくってあげる。」

 

making tea

 

お兄ちゃんの方は、なかなか上手にできてました。

 

 

ocha

 

スリル満点でヒヤヒヤでしたが、とても楽しいお茶会でした。

またしようね。

 

 

 

 

子育てスタイルに参加中♪

応援クリックしていただけるとうれしいです。

 

 

2 Comments »